他のサービスとどう違うの?

家事代行と聞くと、同じようなサービスとして「家政婦」「ハウスクリーニング」を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。ここでは、家事代行とその他のサービスとの違いについて解説します。

家政婦との違いとは?

「家事代行」とは、読んで字のごとく家事を代行してくれるサービスのことを言います。仕事内容は家政婦と同じような内容ですが、その違いは雇用形態にあります。

家政婦は、紹介所などを経て依頼者と家政婦の直接的な契約になるため、万が一トラブルが起こっても会社が間に入ってくることはありません。

対して家事代行は、会社に雇用されたスタッフが訪れて作業をするため、何かあった場合、会社に相談することができます。保険にもしっかり加入しているので、もし破損などがあったとしても保障されます。

また、家政婦は住み込みだったり長期に働いてもらうケースが多いのに対し、家事代行は2時間前後のサービスを定期的に、もしくはスポット的に提供します。費用は毎日働いてもらう家政婦に比べ、家事代行のほうが断然安く抑えることができます。

ハウスクリーニングとの違いとは?

家事代行は家事全般を担当するので、掃除や片付け以外にも洗濯やクリーニングの受け取り、アイロンがけ、布団干し、ベッドメイクなど、利用者が希望する作業を依頼できます。

対してハウスクリーニングは、家を清掃する業務のこと。家全体のクリーニングもありますが、水回りのみやエアコンの洗浄、浴室のみ、トイレのみというふうに、箇所を絞って行うクリーニングもあります。

家事代行でも家はかなりキレイになりますが、あまりに頑固な汚れがあると時間内に作業が終わらない可能性があります。家事代行はあくまで決められた時間内で作業を効率良くこなしていくので、徹底的に汚れを取りたい場合などはハウスクリーニングが向いています。独自の高い技術で素人にはとてもできない、プロフェッショナルな清掃をしてくれるからです。

「家事代行」「家政婦」「ハウスクリーニング」どれを選ぶべき?

家政婦を住み込みで雇ったり毎日来てもらえる費用がある人は別ですが、家事全般を適度にお願いしたい人や費用を抑えたい人には、家事代行がおすすめといえます。

自分ではすごい汚れだと思っていても、家事代行スタッフの手にかかれば、意外と手早く綺麗にしてくれることもあります。「この汚れはハウスクリーニングでないと無理かもしれない…」と感じたなら、まずは相談してみるといいでしょう。

一番良いのはトライアルコースを試してみること。トライアルをやってみれば、ハウスクリーニングでないと落ちない汚れかどうかがわかるからです。

かなり散らかっている部屋でも家事代行スタッフは見慣れています。不安に思うことなく、まずは気軽にトライアルコースを試してみましょう。

手軽に試せるトライアルコースで評判の家事代行サービスはこちら>>