一人暮らし

家事代行サービスを利用している人はどんどん増えています。ここでは、その中でも一人暮らしで家事代行を利用するメリットや利用されているプランについて紹介します。

家事代行が一人暮らしに必要なワケ

日本でも少しずつ普及してきた家事代行ですが、独身や一人暮らしの人の利用者も多いようです。

一人で暮らしている人は、仕事も家事も全てこなさなければならないことから、忙しいときには家事にまで手が回りません。

食事は外食が多いので、水回りはさほど汚れない傾向にありますが、部屋の掃除や片付け、布団干し、洗濯、アイロンがけなど、こなさなければならない家事は山のようにあります。

休日は家事に追われ、自分の時間を持てないどころかゆっくり体を休めることもできない一人暮らしですが、実際に家事代行を利用した人の口コミを探すと「家事代行を利用するようになってから休日は休養できるようになった」「家事代行を頼んでから仕事や勉強に集中できるようになった」といった声が多く見られました。

家事を任せることで、自分の時間を確保でき心にも余裕が持てることが大きなメリットといえるでしょう。

一人暮らしのための家事代行のプラン

一人暮らをしている人は、毎週の定期利用で2時間コースを選ぶ人が多いようです。

もちろん隔週や月1、スポットの利用でもかまいませんが、毎日パリッとした格好で出かけることが多いビジネスパーソンは、洗濯やアイロンがけ、クリーニングの受け渡しが隔週や月1回の利用だと間に合わなくなってしまうことがあります。

2時間の間には部屋の掃除や洗濯、布団干し、ベッドメイキング、アイロンがけ、靴磨きなどが行われます。仕事に行っている間に済ましておいてもらえれば、ピカピカの部屋に帰ることができます。

一人暮らしや独身の人は、1R~1DKに住んでいることが多いため、スペースの小さい部屋にフォーカスしたお得な一人暮らし専門のコースもあります。こちらも毎週の利用で1.5~2時間のコースを選ぶ人が多いようです。

まずはトライアルコースを試すべし!

一人で暮らしている人は、決定権が自分一人にあることから家事代行を検討したらすぐに始められるというメリットがありますが、なかなか決心がつかないこともあるでしょう。

「他人に散らかった部屋を見られたくない」「洗濯物などを見られるのが恥ずかしい」と考えてしまうからです。

しかし、家事代行のスタッフはその道のプロ。散らかった部屋を片付けるのも仕事の内です。忙しい人の多くは何年も掃除せず放置してあるスペースがあったり、部屋が散らかっているもの。それをキレイにしてくれるのが家事代行のミッションでもありますから、恥ずかしがる必要はまったくありません。

定期コースをいきなり始めるのは抵抗があると思いますが、まずは各社で展開しているトライアルコースを試してみるといいでしょう。一度だけの利用でも部屋は見違えるように生まれ変わります。

一人暮らしに最適なトライアルコースがある家事代行サービスはこちら>>